「 2018年08月 」一覧

健康と人生

楽しく生きようと決めた。私は、もう既に終わっているのであるから、特に気張る必要もない。

残りの人生を楽しく生きるのである。

そこで、ふと思ったのであるが「楽しく生きること」と「楽」に生きることは同じか、違うか。仮に違うとしたら何が違うか。

楽は、少なくともストレスはない状態であろう。ストレスはあるより無い方が良いに決まっている。

少なくとも楽な状態では、うつ病になったり円形脱毛症になったりすることはないであろう。

では、ストレスがなければ楽しいか?自問すれば、やはり違うのである。

地方公務員の仕事が楽そうに見えるけれど(見えるだけかもしれないが)楽に見えるから転職したいかというと、そうも思わない。

もっとも、極度のストレスがかかれば、そこに逃げたいと思うのかもしれないが。

自分の身を置く場所としては、やはり「楽」ではなく「楽しい」場所に身を置きたいのではないか。

かつての東側世界、旧共産圏に生まれて市場経済というものをまったく理解していなかった私がここまで来たのだ。それだけでも良しとするべきもなのかもしれない。

今回の人生で初めて経済のことを学んだと言っても過言ではないであろう。

過去に商売で大成功したあの人と同じレベルに届くには、あとどれだけの時間がかかるであろうか。

知り合いに女優やアーティストを目指して頑張っている人間がいる。要は、彼らが何を欲しているかというと人に褒めて欲しいのだ。しかし、彼らは人に誉められる努力はしても、人に誉められる努力は多分していないはずだ。人に誉められる努力ではなく、人を誉めることに努力を費やしてみたらどうだろうか。

それから持病についてですが、10月13日にウェブで見つけた整体院に初めて行ってきた。グーグルのアドワーズ広告で見つけたものだ。電話して問い合わせをしたところ土曜日は12時30分までしかやっていないという。

慌てて車に飛び乗り高速道路で目的地に向かった。高速料金は経費で落とすから良いのだ。インターを降りてから多少、道に迷った。

調べてみると私の知人の店の近くだった。中へ入って保険証の提示、問診票を記入した後、診察となったのだが、私の歯のすり減り方を見てドクターは少し驚いた様子だった。

まず、身体にリセットシールなるものを貼った。電気治療は接骨院と同じようなものであった。

スタッフは男性が多く、皆、イケメンだった。女性客を意識しているのであろうか。診察が終わった後、聞いてみた。
コンサルタントはF総研を使っているという。前の担当者は駄目だったが今の担当者は良い。全てやってくれる。新規顧客のほとんどはウェブからである。たまに広告費用の入金を忘れたら途端に客足が鈍る。

広告費は月にYで5万、Gで4万くらい。コンサルタントには人件費、一人分くらいとのことでした。
なかなかの経営手腕である。