受験生が滑る

誰の評価も必要ない。俺は俺の評価だけ得られれば、それで良い。
目をつぶってボタンを押した。複雑な画面が出てきた。初めて見る世界である。新しいシステム。

飛んでみよう。やった後悔とやらなかった後悔ではやらなかった方が大きい。

己の身を切られるような痛さであるが、自分の閾値を超えてみよう。

20万円をドブに捨てたつもりでやってみよう。これも授業料だ。

目をつぶってボタンを押せ!

外応は吉である。

また確認画面が出た。怖い。

私は41歳の私として完璧なのだ。私が二十歳の時には二十歳の私として完璧だった。
30歳の時には30歳の自分として完璧だった。五歳の時には五歳の己として過不足なかった。
五歳の時には、かけ算もわり算も出来なかった。では、五歳の私が間違っていたかというと決してそんなことはない。五歳の私として何の問題もない。

悩むべき時には悩み、笑うべき時には笑ったと思う。

あれから時間が経過して現在、私は41歳である。この状態で何か問題があるか?私は41歳の私としてパーフェクトである何の過不足もない。
ピッタリ私である。昨日、そんなことを考えた。

気が付けば、馬プラセンタ美容液が手放せない年齢になっている。時間の流れは早いものだ。 そんなことを考えながら歩いていたら大変なことになってしまった。

凍りついた路面で滑って転んでしまったのである。ポケットに手を入れてなかったので、両手をついて大事には至らなかった。

しかしながら、服は、びしょ濡れになった。ぶつけた左半身に力が入らない。

濡れた服はストーブで乾かした。

人が滑った話を聞いた直後の矢先の出来事である。

これが、受験生ならば滑るというのは、非常に縁起の悪いことであろう。最近は神社に合格祈願の奉納絵馬の話も良く聞かれる。
しかし、結局、大学に合格して卒業してもサラリーマンにしかなれないのであるが、一生懸命勉強している人間に否定的なことを言うのはやめておこう。
大学受験する学生の人は合格すると良いですね。

ちなみに、私の大学生活は、こちらで願書を請求するところから始まりました⇒愛知学院大学 願書

今となっては懐かしい思い出です。

ところで大学を卒業して、これで何年が経過したであろうか?

自分が、どんどん取り残されていくのを最近、感じる。毎日決まりきった生活をしていると気付きにくいが、親戚の子供の成長を見ると実感する。
今年の春、大学を卒業してホテルに就職したという。また、別の従妹は結婚して長女を出産した。

ついこの前まで子供と思っていたのが、もう大人になっている。自分が20代の時を思い出してみれば、彼らは既に大人である。気付かないうちにこんな事になっている。

私は、このまま終わるのか。あの勇気の花を再度、咲かせるのではなかったか。


正月

正月なので昼間から酒を飲んでいます。今もだいぶ良い感じで出来上がっています。
本当は日本酒を飲みたかったのですが、手元にないのでやむなく焼酎を飲んでいます。
本来は、仕事がたくさん溜まっているのです、あまりやる気になりません。昨日からネットゲームばかりしていました。

明日は親戚の家族が大阪からやってくるという。
午前9時30分くらいに到着予定ということなので、昨日みたいに正午まで寝ていてはマズイということで叩き起こされた。
従姉妹は産まれたばかりの子供を連れてやってくるという。自動車で来るのか新幹線で来るのかは不明である。
通常ならば高速道路をベンツで走って来 る。この親戚の叔父さんは会社経営者なので金持ちなのだ。
大阪でエステサロンを経営している。それで、私であるが家にいると何となく気まずいので朝から出 かけることにした。
前々から興味があったスポーツジムである。お試しチケットをもらったのである。

そこで、スポーツジムに行こうとして、ふと思ったのであるが、私は、この人の経営するエステサロンに行ったことがないのである。

不思議なことに。
何時か、近いうちにワキ脱毛でもしてもらおうかと考えている。しかしながら、なかなか大阪にまで行く機会はないのである。これが。

それから、学生の時に履いていたデニムに脚を通してみた。29インチのデニムである。ビンテージのデニムで学生の時はお気に入りのジーンズであった。
これを原価で買えた時には小躍りするくらい嬉しかったものである。

久々に箪笥から取り出してみたのである。昔のデニムはインデイゴ、藍の色が美しい。

このデニムを少しきつい気はするのであるが、何とか履けた。置き換えダイエットの効果が現れたのでしょうか。
このように痩せた状態になって考えてみると、かつて着ていた服を太ったからという理由で処分したのは惜しかったようなと気もしないではない。

痩せることが分かっているならば、昔の服を捨てる必要はなかったのではないか。
それにしても1食置き換えダイエットの効果が、これほどまでに凄いとは思わなかった。

それで、酔いのまわった頭で状況を考えてみた。
年齢と、ともに手段の一つが失なわれた。しかし、全てが失われたわけではない。

人生を楽しむための方法が一つだけ無くなったに過ぎない。
わずかひとつだけである。

他にも楽しむための手段と方法はいくらでもある。

目的と手段を間違えてはいけない。

人と交わることもそうであろう。美食美酒に酔うこともそうであろう。
見知らぬ土地を旅することもそうであろう。脳に刺激を与えるため、旺盛な知識欲を満たすために万巻の書を貪るのも良いではないか。選択肢はまだ沢山ある。